中国「国防動員法」 その脅威と戦略と通販情報

中国「国防動員法」 その脅威と戦略についてのインフォメーション

わが国日本においては、かつて「長野冬季オリンピック聖火リレー」において、中国国防動員法に基づき在日中国人に対して当動員法が発令され、全国から在日中国人が長野市に集まり演習を行ったと言われている。
youtubeにも実際の場面が生々しく描かれており、日本人が頭部を割られ瀕死の重傷を負った。
長野県警は、なぜか日本人を逮捕したり、中国人には無罪放免であった。
実際、中国共産党は我が国のあちこちに土地を買収し、橋頭堡を構築しつつある。
特に、自衛隊基地の近隣の土地を買収し、虎視眈々と日本占領の機会を狙っている。
このことに対して、日本国政府は極めて動きが鈍く、対応策は何も行っていない。
野党もなぜか沈黙しているのである。

このコーナーには、中国「国防動員法」 その脅威と戦略と通販について当サイトが独自の視点で情報収集したものを、コンテンツとして掲載していきます。 中国「国防動員法」 その脅威と戦略と通販について重要なポイントをこの部分に記載します。

中国「国防動員法」 その脅威と戦略にマスコミは報道しない!

長野聖火リレー.JPG
このような侵略的行為に対して、マスコミも報じていない。
事実の細部を知りたいなら「中国 土地買収」や「中国 尖閣」などと検索すれば、ネットでその細部が分かるのであります。

中国「国防動員法」 その脅威と戦略との通販について詳しい情報をお求めであれば、このページからも、詳しく確認いただけます

中国「国防動員法」 その脅威と戦略と販売サイトへ

商品説明
・【内容情報】(「BOOK」データベースより) 2010年施行された中国の「国防動員法」。
その最大の特色のひとつは、金融を重視していることだ。
この法により香港や上海の金融も押さえることができる。
もちろんその中には、日本を含む外国の金融機関や企業も含まれる。
いま、なぜ、戦争動員ともいうべき法律なのか。
その恐るべき内容と意味を解き明かす。
・【目次】(「BOOK」データベースより) 中国「国防動員法」-その脅威と戦略と
(26年の準備をかけた「国防動員法」/国防動員とは、戦争動員である/中国の対外領土要求/国防動員法によるレアアースの輪出規制/中国版軍産複合体の創出/在中の外国企業も徴用の対象に/在外中国人(華僑)を民兵・便衣兵に/流入する外国人を規制せよ/企業経営者の予備役も総動員/党・国家・軍が三位一体の動員 ほか)/関連年表/中華人民共和国国防動員法
・【著者情報】(「BOOK」データベースより)
田代秀敏(タシロヒデトシ) ビジネス・ブレークスルー大学経営学部グローバルビジネス経営科教授。
昭和32年(1957)生まれ。
一橋大学経済学部卒業。同大学院で経済学博士を取得。
みずほインベスターズ証券調査部エコノミスト、日興コーディアル証券国際市場調査部部長、大和総研主任研究員を経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
・ブクログのレビュー(1件) 評価5.005.00 投稿日:2015年09月06日
著者は右側立場で書いている部分も有りと思うが、こういう法律があるということは、広く認識すべきである。中国は、法よる統治と良く言うが、その法というものは、自分たち作った自分たちに都合の良い「法」である。